BIMの取組み

ホーム > BIM一貫作図 > BIM一貫作図

BIM一貫作図

ピーディーシステムによる「BIM一貫作図」とは、意匠・構造・設備・電気の各セクションを有する「設計部門」と、施工図作成機能を有する「施工関連部門」が連携・連動しながら、基本設計段階からBIM作図をサポートし、設計図から施工図まで一貫して作成することにより、図面の整合性向上と作図の効率化を図る取組みです。

BIMとは、Building Information Modeling(ビルディング インフォメーション モデリング)の略称で、コンピュータ上に作成した3次元モデルに、壁、柱、ダクトなどの属性を持たせ、建築の設計、施工から維持管理まで活用することにより、建築の生産性向上に役立てる手法です。

建築統合モデル

建築統合モデル

意匠、構造、設備、電気の全てのデータを1つの3Dモデルに整合し、作成します。

建築統合モデルによる検討

建築統合モデルによる検討

建築統合モデル

建築統合モデル

建築統合モデル

建築統合モデル

内観検討

内観検討

4D仮設計画

4D仮設計画

3Dモデルを使って仮設計画や施工手順のスケジュールの検討を行います。

躯体モデル

躯体モデル

仕上モデル

仕上モデル

躯体図

躯体図

建築統合モデルをベースに躯体モデルを作成(データ連動)し、躯体モデル(3D)から躯体図(2D)を切り出し、作成します。

平面詳細図

平面詳細図

建築統合モデルをベースに仕上モデルを作成(データ連動)し、仕上モデル(3D)から平面詳細図(2D)を切り出し、作成します。